こんにちは


昨日、当事務所のクライアントに下記メールを送りました。



タイトル:お客様各位【星野経営会計事務所】経費の基準(主に食事代)



お客様各位



税理士の星野です。

いつもお世話になっております。


経費の基準、

悩まれている方が多いようです。


当然ですが、

事業に関係する支出となります。


そのため、

プライベートのものは

経費にしてはダメです。


脱税(犯罪)です。



特に会食は私的なものが含まれることがあり、

税務調査でも厳しくチェックされる箇所のため、

いつもみなさまにお願いしていますが、

誰と会食したのか、

相手先の名称(企業名・担当者名)の記録を

残す必要があります。



それでは、

友人と食事に行き、

仕事の話となり受注した場合、

事業と主張して

経費にできますでしょうか。


人により判断が異なるかもしれませんが、

私は経費にできない

という考えです。


主目的は友人との食事のためです。


商談がなければ友人と会わないのですか?

ということになります。


※手土産、贈答品なども同じです。



また、経費になるのか迷ったときに

分かりやすい判断基準があります。


もし従業員から領収書を渡され、

経費を使いましたのでお金をください、

と言われたら、

払うかどうかです。


※従業員がいなければいることを

イメージしてください。



このような話は皆さまに

既に個別にご案内していますが、

中には固すぎると思われている方もいるのでは

ないでしょうか。


※面と向かって言われたこともあります。



そのため、別の税理士の意見を

聞いてみていただければと思います。


ユーチューバー税理士ですが、

私と同じ意見です。


下記URLよりアクセスしてください。


https://www.youtube.com/watch?v=pg4i6yUJEnY&list=LL&index=11



※知り合いではありません。



ご参考になれば幸いです。


どうぞよろしくお願いいたします。





何が経費になるのか、特に起業したばかりの方から質問されることが多いのですが、私から言えることはその事業に関するものということです。


本人も、それぐらい理解しているのです。


聞きたいのはそこではないんでしょうね。


プライベートのもので経費にできるものはどれなのか?

でしょう。


明らかにプライベートなものは経費になるわけがないことも理解していることでしょう。


悩むのは、食事代を例にとると、友人との食事代を仕事の話をしたから交際費にできるのではということでしょう。


悩むものは、経費にするのは危険と考えた方がいいと思います。


ちなみに税理士がこれは経費になります、と言っても、税理士に経費になるかどうかを決める権限はありませんし、税理士が大丈夫といったものが税務調査で否認されたら、あなたはその税理士を恨むのではありませんか?


いいとこ取りはよくありませんよ。


もちろん税理士に相談するのはいいのですが、そこで明確な回答を得られなくても、そういうものだということを理解してください。


まだ、悩む人はいい方です。


問題は、プライベート性の高いものを平然と経費として出してくる者がいます。



以前、美容室の領収書があったので、「美容室は仕事に関係なく利用しますよね。経費にならないですね。」と回答したら、それをなぜかその美容室に言ったようで、「その税理士、堅物ですね」と言われたというのです。


この時はマジで怒りがこみ上げました(今なら当事務所から契約解消ですね)が、(私が)開業したばかりということで、当時は穏やかに対応していました。


もし、仕事をしていなかったら美容室に行かないのですか?


芸能人やホステスが仕事のために美容室等でヘアメイクをする場合は、経費として主張できるでしょうけど、そうでなく、普段の身だしなみであれば経費にはならない、と私は考えます。



家族旅行代の領収書が入っていたこともありました。


家族ぐるみで旅行に行ったそうなのですが、相手から仕事を受注しているため、経費になるとのこと。


※ちなみに旅行代はそれぞれの家族もちです。

皆さんならどう思いますか?


家族ぐるみのお付き合い、プライベートであると考えるのが普通ではないでしょうか。


どうしても経費としたいなら何故経費となるのか明確に主張できるように文書で残さないと、税務調査で指摘され、その場でアワアワする(((( ;゚д゚)))のが目に見えています。


私も経費にするのは難しいと思っているのですから、当然助けてあげることはできません。


大の大人が、調査官からきつめの口調で言われっぱなしになるんですよ。


惨めなものです。


※この件は、絶対無理だと思ったので経費から除きましたが、お客さんは納得していないようです・・・


858971
イラストAC


大丈夫だろうとプライベート性の高いものを経費にして、あとで困るのはお客様です。


※くれぐれも私のせいにしないように!!


そのため、上記のように気になるものは、丁寧に連絡しているのですが、反論してくる者がいます。


前述のように堅物扱いされることもあるのです。


税理士によっては、提出された帳簿や領収書はすべて事業に関係あるものとして、処理しているという話も聞いています。


いちいち、お客さんに「これ経費は難しいですよ」とは言わないそうです。


税理士の作業が増えるわけですし、それを言うことでお客さんから前述の通り言われたり、契約解消になったりするかもしれませんから。


どちらかというとそういう税理士の方が多いかもしれません。


私は、自分が税務調査で大変つらい目にあってきました(祖母が税務調査の日に亡くなりました)ので、お客さんには同じ思いをさせたくないんですよね。


※ちなみにわが家は不正行為を一切していませんので、当然、修正申告はしていませんし、更正処分にもなっていません。数カ月にわたる税務調査、祖母が亡くなり終了しました。



勤務時代に担当したお客さんでも、昔、親が税務調査で問題となり税務署で泣き崩れたことがあり、もう二度とあのようなことはご免という方がいました。

※この方の場合は脱税のようです。


辛い目に遭ったことがある人は皆同じように考えます。


しかし、一度もそのような経験をしたことがない者は、痛い目に遭うまで、分からないものなんですよね。



ちなみに、昨日のお客さん宛のメールで紹介したYouTubeはこちらです。




タイトルからしょうもないこと書きやがってと思って見たのですが、内容はしっかりしています。


基本的に私も同じ考えです。


経費の判断に迷う方は、ご覧いただくことをお勧めします。



いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。